ライフステージに合った保険とは?

独身の頃は、主に怪我をした時、病気になった場合の回復までの間の金銭的な負担を自分が乗り切る為の保障、そして万が一不幸にも亡くなった場合に親に残すお金だけを考えていればとりあえずは良いといえます。 では、結婚したらどうでしょうか。
家族ができることは、自分に何かあった時に残された家族の生活を守る為の保障内容もプラスで必要になってきます。 その保険は独身の頃のままで良いとは言えないでしょう。 子供が生まれたら、その子供が独立するまでの間は自分の死亡保障を増やすことも必要となるのではないでしょうか。 そして、二人目の子供が生まれたらどうでしょう。 また、子供が独立するよりも前に自分が病気で仕事ができない体になった時にも対応できる保障も必要かもしれません。

もちろん万が一の時の保険金の受取人も独身の頃のまま親御さんにしておくのではなく、配偶者に変えておかないと何かと面倒な事にもなります。 お子さんの誕生を機に、お子さんの学資保険に加入するのも教育費の準備にもなり、親の万が一の場合にそれ以降の保険料免除で保障が続くので1つの案と言えるでしょう。 そうした結婚、出産、子供の独立、退職などといったご自分のライフステージの変化に合わせて保険もしっかり見直しを検討しましょう。

相談窓口を利用しよう
保険の見直しをしましょうと言われても、保険はただでさえ分かりにくく、調べてもなかなかどの保険を選べば良いのか分からない場合が多いと思います。 そのため保険を見直す事を考えたなら、保険の相談窓口がお勧めです。

相談窓口は全国のあちこちにあり、保険の相談は基本的に無料となっているので安心して相談が出来ます。 まずは電話やネットから申し込んでみましょう。 自分の保険について相談したからといって、必ずしもその勧められた保険に加入しなくてはならない訳ではなく、無理な勧誘は一切されません。 相談を受けてくださるのは保険の専門的な知識を持ったファイナンシャルプランナーの方なので、ご自分の今の加入している保険の資料を見せて現在の家族構成や年収、希望を伝える事で現在のあなたに合った保険を考えてくれるでしょう。

その相談場所も相談者のご希望に合わせて喫茶店やご自宅なども可能となっております。 ファイナンシャルプランナーの方は複数の保険会社の中立の立場に立っているので、決して特定の保険会社に片寄ったアドバイスはしていませんし、何度相談しても無料です。 ライフステージが変化する前から保険を見直してないならまずは保険の相談窓口で気軽に無料相談してみてはいかがでしょうか。